dTV VOD(動画配信サービス)

【激安】dTVは実際どうなの?登録するメリット・デメリットを解説【評判・口コミも】

2020年5月27日

【激安】dTVは実際どうなの?登録するメリット・デメリットを解説【評判・口コミも】

 

今や映画やドラマ、アニメなど、いろんな動画が見放題の動画配信サービスが多くありますよね。

 

dTVはドコモ会社が運営する動画配信サービスですが、ソフトバンクなどドコモユーザー以外の方も利用できます。

 

映画、ドラマ、アニメ、音楽など12万本以上の動画が配信されており、なんと月に500円で利用することができます。

 

本記事の内容

  • dTVの基本情報
  • ネット上の口コミを参考に、dTVを登録するメリット・デメリットを解説

\dTVをまずは31日間無料体験/

dTV公式サイト

 

※無料期間中に解約すれば料金はかかりません

 

dTVの基本情報【価格・作品数は?】

 

 

☑月額料金(税抜):500円

☑無料お試し期間:31日間

☑作品数:12万本以上(一部レンタル)

☑対応デバイス:スマホ、タブレット、パソコン、テレビなど

☑画質:SD/HD/4K

☑ダウンロード機能:あり

倍速機能:あり

 

 

映画、ドラマ、アニメ、音楽映像など多数のジャンルにわたって配信されています。

 

何より一番の特徴は圧倒的な作品数に対するコスパの良さですね!

 

またAAAなど人気アーティストのライブ生配信もあります。

 

dTVのネット上のリアルな評判・口コミ

 

それではネット上の口コミを少し取り上げて、これらの意見を参考にその後メリット・デメリットを解説していきます。

 

悪い評判

 

 

 

良い評判

 

 

 

 

 

dTVを登録するデメリット

 

dTVを登録するデメリット

 

dTVを登録するデメリット

  • レンタル作品は課金しなければいけない
  • 画質があまりよくない
  • 同時視聴できない

 

dTVを登録するデメリット①:レンタル作品は課金しなければいけない

 

dTVは作品数の多さに感動してしまいますが、中には課金しなければならない有料作品もあります。

すべてが見放題というわけではありませんので注意してください。

 

レンタル作品の価格(目安)

新作映画:400円

人気ドラマ:300円

アニメ:200円

※全て標準画質、価格は税抜

 

参考

視聴期限は作品によって異なりますが、48時間以内が多いです。

決済方法は

・ドコモケータイ払い

・dポイント

・クレジットカード払い

 

HuluやNetflixなどすべての作品が見放題の動画配信サービスもあるので、有料作品があるとネガティブになる方もいるかと。

 

しかし、dTVはもともと作品数が多いので、見放題作品にレンタル作品がオプションとして付いてくるというイメージですね!

 

さらに、dポイント以外で支払った場合、購入代金100円につきdポイントが1ポイント付いてくるサービスもあります。

 

dTVを登録するデメリット②:画質があまりよくない

 

作品によりますが、標準画質(SD)だと画質が荒くなるという意見もあります。

これは高画質(HD)や4K画質の作品が一部で、標準画質の作品が多いからです。

 

スマホで見るとなると特に問題ないですが、テレビなど大画面で見るとなると粗が目立つかもしれないですね。

 

dTVを登録するデメリット③:同時視聴できない

 

たとえば、母親がパソコンで動画を視聴しているのと同じタイミングで、子供がスマホで視聴するのはできません。

 

ご家族など複数人で利用する場合はよく相談してくださいね。

 

ちなみに複数人で同時視聴できる動画配信サービスは、

U-NEXT

Netflix

TSUTAYA TV

DAZN

などです。

 

dTVを登録するメリット

 

 

dTVを登録するメリット

 

dTVを登録するメリット

  • 作品数がとても多い
  • 月額料金が激安
  • ドコモユーザーじゃなくても利用できる
  • 有料作品をレンタルすればdポイントがたまる
  • ダウンロード機能を使える

 

dTVを登録するメリット①:作品数がとても多い

 

一部レンタル作品もありますが、総作品数は12万本以上

 

ほかの動画配信サービスと比べても作品数は圧倒的です。

 

dTV:12万本以上

U-NEXT:20万本以上

Hulu:6万本以上

Netflix:非公開

TSUTAYA TV:1万本以上

Amazon プライムビデオ:3万2000本以上

 

 

料金が安いわりにとても作品数が多いですが、ほかの動画配信サービスと比べても多い方であることがわかりますね!

 

dTVを登録するメリット②:月額料金が激安

 

この作品数で月額料金が税抜500円。年間で6000円です。

小さなお小遣いなのですぐに元が取れますね!

 

たとえば、忙しくてなかなか動画を見る時間がなくて元が取れない!!という方

特定の作品だけを観たいという方にはおススメですね。

 

dTVを登録するメリット③:ドコモユーザー以外の方もつかえる

 

先述しましたが、dTVはドコモユーザーの方も利用することができます。

 

ドコモと契約していない方は、dアカウントをつくり、メールアドレスやパスワードを用意してください。

 

難しい手間ではありませんし、dアカウントを使えるようになれば飲食店を含む多くのお店、施設でポイントを溜めることもできます。

 

dTVを登録するメリット④:有料作品をレンタルすればdポイントがたまる

 

条件として、作品を購入する際、ドコモ払い 、dカード 、クレジットカードで支払う必要があります。

(dポイントで支払った場合、dポイントは新たにたまりません。)

 

購入代金100円につき1ポイントたまります!

 

dTVを登録するメリット⑤:ダウンロード機能が使える

 

ダウンロード機能とは、

Wi-Fi環境のあるところであらかじめ見たい作品をダウンロードすれば、

Wi-Fi環境のない場所でも通信料を気にせずに作品を楽しめるという

とても便利な機能です。

 

外出先で動画をみるとなると膨大な通信量を消費しますよね。

 

また外出先で見れるようになると、通勤・通学時間、休憩時間などスキマ時間の暇つぶしになりますね!

 

 

まずはdTVを31日間無料お試し

 

まずはdTVを31日間無料お試し

 

dTVを登録するデメリット

  • レンタル作品は課金しなければいけない
  • 画質があまりよくない
  • 同時視聴できない

dTVを登録するメリット

  • 作品数がとても多い
  • 月額料金が激安
  • ドコモユーザーじゃなくても利用できる
  • 有料作品をレンタルすればdポイントがたまる
  • ダウンロード機能を使える

dTVで自分の見たい作品があるかどうかは、dTV公式サイトで確認してみてください。

 

また、ネット上にはいろいろな口コミがありますが、まずは31日間の無料トライアルでお試しください!

無料期間中に解約すれば料金は発生しません。

 

\dTVの詳細はこちら/

dTV公式サイト

 

おすすめ動画配信サービスランキング

U-NEXT(ユーネクスト)

U-NEXTでは見放題作品18万本以上、電子書籍57万冊以上といった豊富なラインナップが揃っています。これに加えて80誌以上の雑誌が読み放題できる、一つのアカウントを4人でシェアできる、毎月配布される1200円分のポイントで最新作や電子書籍を楽しめるなど、サービスは一級品。まさに動画配信サービス界の王者です。

DAZN(ダゾーン)

スポーツファンなら絶対にDAZNです。DAZNはJリーグ、プロ野球、大リーグ、テニスの四大オープン、NBA、さらにeスポーツなど、130以上のスポーツを年間10000以上の試合を観戦できる動画配信サービスです。ライブ中継や見逃し配信、さらには独占配信もあるので他の人たちより優位に観戦することができます。

Hulu(フールー)

Huluでは映画やドラマ、アニメ、音楽ライブ、バラエティ番組などといった、6万本以上の作品が見放題の動画配信サービスです。海外ドラマや日テレ系の作品がとくに充実しており、またユーザーを楽しませる、トレンド特集が定期的に組まれるなど、月額約1000円で豊富なサービスを堪能することができます。まずは2週間の無料トライアルで。

-dTV, VOD(動画配信サービス)
-,

© 2020 SHERRY BLOG Powered by AFFINGER5